用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【BIND】

  • バインド

 インターネットの世界で標準的に使われてきた、DNSサーバーを構築するためのソフトウェア。無償で公開されていて、多くの DNSサーバーが BIND を元に開発されている。

 DNSは、インターネット上でドメイン名と IPアドレスを相互に照会するしくみ。たとえば、www.******.co.jp というサイトを開きたいと思っても、そのサイトの住所は IPアドレスという数字になっている。

 そこで、DNSサーバーと呼ばれるコンピュータに問い合わせると、www.******.co.jp の IPアドレスを教えてくれる。逆に、IPアドレスからドメイン名を照会することも可能だ。

 これは、インターネットの中でも基本的かつ重要なしくみのひとつで、このサービスを提供する DNSサーバーの多くが BIND をベースに作られている。

 ただし今は、実際に照会作業を行う権威DNSサーバーと、DNS情報を一時保管するキャッシュDNSサーバーが役割りを分担している。そして、権威DNSサーバーは外部からの問い合わせに応答する必要があるが、キャッシュDNSサーバーは応答しない方がいいとされている。これは、DNSアンプ攻撃と呼ばれる悪質な攻撃に巻き込まれるのを防ぐため。

 しかし BIND は、初期設定であらゆる問い合わせに応答するようになっている。そのため、キャッシュDNSサーバーに使用する際は、この設定を変更する方がいいと考えられる。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top