用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【BD-R】

 BD は、Blu-ray Disc のこと。CD、DVD に続く、次世代の光ディスクだ。R は、Recordable の略。「記録できる」といった意味で、これまでも CD-R、DVD-R といった種類があった。

 光ディスクは、直径12センチのプラスチック製の円盤。そこにレーザー光線を当てて、デジタルデータを記録する。読み出す際も、レーザー光線を使用する。

 CD でも DVD でも BD でも、R が付くのは、一度だけ書き込みができるタイプだ。書き換えはできない。

 最初に普及した CD-R の容量は、650MB だった。次に普及した DVD-R の容量は、片面1層で 4.7GB、片面2層で 8.5GB。これに対して、BD-R は 片面1層のタイプで 25GB、片面2層だと50GB の大容量。さらに大量のコンテンツを記録できる。

 将来的には、片面4層で記憶容量が100GBのタイプや、片面8層で記憶容量が 200GB のタイプも実用化する見通し。

 なお、CD や DVD もそうだったように、Blu-ray Disc にも読み出し専用の BD-ROM や 書き換え可能な BD-RE といった種類がある。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top