用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【BCP】

  • 業務継続計画

 BCP は、Business Continuity Plan の略で、日本語では「業務継続計画」という。

 大地震や大型台風などの自然災害、大火災、テロや戦争、サイバーテロといった事態が発生したとき、いかにして企業が業務を継続させるか、いかに早く復旧させるか、それが重要になる。そのために事前に作成しておく行動計画書が BCP だ。

 IT企業では、コンピュータ・システムが止まったら即座にサービスが停止することになる。金融機関も、24時間いつも情報システムが稼動している。メーカーも今は、SCM と呼ばれる情報システムで原材料の調達から部品や製品の管理まで行っている。もちろん、流通の世界でも同じだ。どの場合も、一度業務が止まると大きな損害が発生するし、社会への影響も大きい。

 そのため、大災害が起きたらまず何をするか、どうやって中核事業(コアコンピタンス)を持続させるか、そしていかにして迅速に業務を復旧させるか、そうしたことを考えて行動計画をまとめて準備しておく必要がある。これは今や、企業の社会的責任(CSR)のひとつとされている。

 BCP がしっかりしていれば、大きな被害を受けても最低限の業務だけは継続して顧客への影響を抑えたり、大変な時期にもサービスが途切れないことで社会的な信頼が高まったり、場合によっては災害前を上回る信用と実績を勝ち取れる可能性もある。逆に BCP がないと、事業の復旧に時間がかかって信用を失うばかりでなく、事業の継続さえ危うくなる。

 しかし実際には、BCP に沿って的確に行動するための仕組みや心構えが必要だ。これを、BCM という。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top