用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【BBS】

  • パソコン通信
  • ビービーエス

 今は、インターネットの普及で、従来のパソコン通信サービスがほとんどなくなってしまった。大手パソコン通信ネットも、プロバイダーに変わってしまった。しかし本来、インターネットとパソコン通信はかなり違う。

 パソコン通信は、ひとりの運営者(会社や個人)が、ひとつのホストコンピュータを用意して、会員を集め、会員は電話回線を通じて、そのホストコンピュータにアクセスする。

 といっても大手の場合は、いざというときに備えて複数のホストコンピュータを設置していたり、日本中にアクセスポイントを用意していたのでややこしい。ようは、運営母体もサービスを提供するコンピュータも原則ひとつ、というのがインターネットとの最大の違いだ。

 パソコン通信には、有料で運営している大手と、個人レベルで運営している草の根ネットがあった。大手の代表はニフティサーブ(現:@NIFTY)とBIGLOBE(旧:PC-VAN)、草の根ネットは相当数あったはずだけど正確にはつかみきれない。

 パソコン通信の会員になると、会員同士で電子メールをやり取りできた。しかし基本的には、他のパソコン通信ネットやインターネットに電子メールを送ることはできない。電子掲示板や電子会議室を利用できるのも会員だけ。チャットという文字によるお喋りも人気があるけど、これに参加できるのも同じパソコン通信の仲間だけ。

 草の根ネットだと、利用できるサービスはこんなところ。たいていは、気の合う仲間が、趣味や日常の情報交換に使っていた。

 大手のパソコン通信サービスでは、この他に新聞記事を検索できたり、生活情報が提供されたりしていた。他のパソコン通信サービスとの相互接続もできるようになり、インターネットとの接続も他ネットへの接続の一環として発展してきた。

 その一方で、電子会議室などに蓄積されてきたオリジナル情報(コンテンツ)も利用できるので、元大手パソコン通信ネット系のプロバイダーの会員になると、一粒で二度オイシイという状況もあった。

 BBSは本来、パソコン通信で提供されていた電子掲示板サービスのこと。パソコン通信の原点は、この電子掲示板だった。そのため一般に、小規模のパソコン通信をBBSと呼ぶ習慣があった。しかし今では、ホームページ上で提供されている電子会議室をBBSと呼ぶことが多い。BBSは、Bulletin Board System の略。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top