用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【BB】

  • ブロバン
  • ブロードバンド
  • 広帯域

 現在、ブロードバンドというと一般に、通信速度が速いインターネット接続を意味することが多い。高速なインターネットによって実現する機能やサービスを含めて語られることもある。本来は技術用語だったのが、最近は流行語のようになって意味が広がっている。

 ブロードバンド(Broadband)を略して、BB とかブロバンということも多くなった。また、日本語では「広帯域」という。広帯域は「たくさんのデータを送受信できる」といった意味で捉えるといい。感覚的には、道幅が広いとか、パイプが太いというイメージに近い。

 ブロードバンドでインターネットに接続すると、ウェブサイトで映像を見たり、ソフトを気軽にダウンロードしたり、添付ファイル付きの電子メールを短時間で送受信したり、テレビ電話の機能を使ったりできる。

 現在、個人でも利用できるブロードバンドのインターネット接続方法として、ADSL、CATV(ケーブルテレビ)、光ファイバーなどがある。また、ホットスポットと呼ばれる無線LANのアクセスポイントが増えつつあり、これもブロードバンドの一方式になる。

 一方、通信速度が遅い一般の電話回線(アナログ回線)や ISDN をナローバンドと呼ぶ。ナローバンドは、「送受信できるデータ量が少ない」といった意味。

 なお帯域は、もともと通信速度を表す言葉ではなく、電波の周波数の幅を表す言葉。そして、電波の周波数の幅が広い状態が、本来の広帯域の意味になる。詳しくは、帯域のページを参照してほしい。

 また、技術用語として「ブロードバンド伝送」といった場合は、高速でデータを送受信できるという意味のほかに「幅広い周波数を使ってデータを送る」という意味になることもある。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top