用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Bチャネル】

  • Dチャネル

 デジタル方式の電話回線、ISDN に関連して出てくる言葉。どちらも、ISDN回線の中を行き来するデータの通り道のようなものと思えばいい。

 NTT の ISDN回線、INSネット64 の場合、通信速度が 64k bpsの Bチャネルを 2本、16k bpsの Dチャネルを 1本まで同時に使うことができる。これを「2B+D」と表すこともある。

 INSネット64 の場合、実際の電話線は、普通の電話線と同じ銅線が 1本だけ。しかしデジタル技術をうまく利用して、3本の導線があるのと同じ状況にしている。

 電話線を水道管に例えると、見た目は 1本のパイプだけど、その中に太いパイプが 2本、細いパイプが 1本入っているようなイメージだ。そして太い方が Bチャネル、細い方が Dチャネルにあたる。

 そして、2本の Bチャンネルを普通の通話や FAX、インターネット接続に使うことができる。よく「ISDNにすると、電話2回線分になる」といわれたけど、これは Bチャネル 2本を同時に使えるという意味だ。

 もう 1本の Dチャネルは、Bチャネルよりデータを送受信できる容量が少なくて、通信を始める時に必要な信号のやり取りなどに使われる。しかし一般的な使い方をしている分には、特に意識する必要ない。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top