用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Azure Service Platform】

  • アズレ・サービス・プラットフォーム

 マイクロソフトが提供するデータセンターのサービス基盤。その名称。

 以前は、社内に置いた大型コンピュータや中型コンピュータ、パソコンなどにソフトウェアやデータを保存して使うのが普通だった。しかし最近は、データセンターなどのサーバーやストレージに保存しておいて、それをネットワーク経由で使うスタイルが一般化している。

 さらに、特定のサーバーやストレージに限定することなく、状況に応じてアクセス先を変えたり、そもそもどこにアクセスしているのか分からないけど必要なサービスは確実に提供されている、なんてケースが増えている。こうした状況やサービスのことを、クラウド・コンピューティングという。

 マイクロソフトは従来、パソコン用の基本ソフト(OS)、パソコン用のアプリケーションソフト、サーバー用の基本ソフトなどで大きな収益を上げてきた。しかし、最近の傾向にあわせてクラウド・コンピューティングのサービスにも乗り出した。

 そして、そのマイクロソフト版クラウド・コンピューティングの基盤となるのが、Azure Service Platform(アズレ・サービス・プラットフォーム)だ。このような基盤のことを、通常、プラットフォームと呼んでいる。

 アズレ・サービス・プラットフォームには、まずクラウド対応の基本ソフトとしてウィンドウズ・アズレがある。その上で Live Service、.NET Service、SQL Service、SharePoint Service、Dynamics CRM Service といった機能が提供される。また、Visual Studio などを使ってアプリケーションを開発し、それを稼動させることができる。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top