用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Annex C】

  • Annex A
  • Annex B
  • アネックスA
  • アネックスB
  • アネックスC

 Annex(アネックス)は本来「付加する」とか「添付されたもの」といった意味の英単語。大きな建物の別館や新館をアネックスと呼ぶこともある。しかし現在、パソコンやインターネットの世界で Annex というと、ADSLの技術的な決まりに対する付加仕様を指すことが多い。

 ADSLは、一般の電話回線(アナログ回線)を使って、高速でインターネットに接続できる技術。そして、その内容を具体的に決めた G.992.1 と G.992.2 というものがある。どちらも、ITU-Tという団体が定めた世界共通の決まりだ。

 しかし現実には、各地域ごとに通信事情が異なる。そのため、北米向けの Annex A、ヨーロッパ向けの Annex B、日本向けの Annex Cという仕様が補足されている。そして、たとえばNTT東日本/NTT西日本のフレッツ・ADSLは、ITU-T G.992.1 Annex C と G.992.2 Annex C に沿って提供されている。

 ADSLは、電話線がISDNと隣りあっていると悪い影響を受けることがある。そのため Annex C には、これを防ぐ方法などが盛り込まれている。なお、日本でも Annex A で提供されているサービスもある。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top