用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Altキー】

  • オルトキー

 ウィンドウズパソコンのキーボードにある特殊なキー(ボタン)。通常は、最下段にふたつある。ただし、小型のノートパソコンだと、ひとつのこともある。

 Altキーは、それだけでは機能しない。しかし、別のキーと組み合わせると、パソコンにいろいろな命令を出すことができる。

 最も代表的な使い方は、「Alt」と「F4」を同時に押してソフトを終了すること。特定のソフトが選ばれていないときは、ウィンドウズの終了画面が出る。また、フリーズなどでソフトを強制終了したり、パソコンを再起動する場合は「Alt」「Ctrl」「Delete」を同時に押す。

 Altは、Alternateの略で「交互の」といった意味。つまりAltキーは、基本的にはキーの機能を「切り替える」働きをする。ちなみに、Alternateは「オルタネート」と発音する。そのため、Altキーも「オルトキー」と呼ばれている。

 なお、かつてNECから発売されていたPC-98シリーズでは、GRPHキーがAltキーに相当する。マッキントッシュでは、コマンドキーや optionキーがAltキーに似た働きをする。また、Altキーのように別のキーと組み合わせて使うキーとして、ほかにShiftキーやCtrlキーがある。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top