用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Adobe RGB】

  • アドビRGB

 色空間と呼ばれるもののひとつ。色空間というのは、パソコンの画面やデジタルカメラの写真、プリンタの印刷、一般の印刷物などで、どのくらいの範囲の色を再現できるか決めたもの、あるいはその範囲のこと。

 詳しくは、色空間の説明を見てほしいのだけど、パソコンでもデジタルカメラでも、プリンタでも普通のカラー印刷でも、自然界にある色をすべて再現できるわけではない。また、機器や機種によって再現できる色の範囲が異なっている。

 そのため一定の規格を作って、異なる機器でも同じ色に見えるように、どんな色でも自然に見えるように工夫している。で、現在、最も普及している規格(色空間)に、sRGB というのがある。多くの機器が、これに対応しているので普通はこれに合わせておけば問題ない。

 しかし、sRGB は再現できる色の範囲がちょっと狭い。そのため、一部のデジタルカメラやグラフィックソフトは、もっと広い色に対応したアドビRGB という色空間を選べることがある。ただし、そのほとんどはプロが使うような業務用のカメラやソフトだ。

 アドビRGB で撮影したり加工した画像を sRGB で扱う(開く)と、本来より鈍い色に見える。アドビRGB を使うなら、最初から最後まで、つまり撮影から印刷までアドビRGB で統一する必要がある。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top