HOME > 用語解説辞典 > Aの一覧 > AVC録画方式

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【AVC録画方式】

  • H.264
  • MPEG-4 AVC

 動画データを圧縮するために使われる、コーデックと呼ばれるプログラムのひとつ。H.264 でも MPEG-4 AVC でも同じもの。まとめて、H.264/MPEG-4 AVC と表記されることも多い。また、この方式で録画することを一般に AVC録画という。

 もともと、ITU という団体によって H.264 が策定された。それを、MPEG という団体が引き継いで標準化し、こちらでは MPEG-4 AVC と呼んでいる。MPEG は Moving Picture Experts Group の略で、AVC は Advanced Video Coding の略。

 動画のデータは、ものすごく容量が多い。そのままでは、ネットワークで送信したり、DVDなどのメディアに保存することができない。圧縮して容量を減らす必要がある。

 動画データの容量を減らす方法は、これまでもいろいろ考えられてきた。代表的なものに、MPEG-2 や MPEG-4 などがある。H.264 は、これらの方式に比べて、さらに圧縮率が高く、容量を小さくしても高画質を保つことができる。

 そのため、ブルーレイ・ディスクと覇権を争った HD DVD にも採用される予定だった。たとえば、一般の DVD で使われている MPEG-2 では 2時間で 30GB を超えてしまう HDテレビ番組も、H.264 だと画質を落とさずに 15GB 以下にできるとされる。

関連サービス
  • Biz-agora
  • WebARENA
  • Master'sONE
  • InfoSphere

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

このページのトップに戻る

 

別ウィンドウで開きます ・・・リンク先の外部サイトを別ウィンドウで開きます。

ページの先頭へ