用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ATコマンド】

 かつて、アナログ回線(電話回線)を通じてパソコン通信やインターネットを利用するのが主流だったころ、パソコンからモデムに指示を出すために使われていた命令語。
 たとえばモデムを初期化する(リセットする)ときは「ATZ」、プッシュ回線で電話をかけるには「ATDT」に続けて電話番号を入力する。このように、命令の最初が「AT」で始まるので、ATコマンドと呼ばれた。
 とはいうものの、今ではATコマンドを見る機会はまずなくなった。かつて広く使われていた、文字が主体のパソコン通信ソフトは、接続するとき ATコマンドが実行されるのを見ることができたし、自分で打ち込んでモデムを操作することもできた。
 しかし今は、パソコン通信自体が消滅しているし、インターネットへの接続もルーター等を通じた事実上の常時接続が一般化して、エンドユーザーが ATコマンドを意識する機会はなくなっている。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top