用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ASP】

  • アプリケーション・サービス・プロバイダー

 インターネットなどを通じて、業務ソフトを一定期間貸し出すサービス。あるいは、そうしたサービスを行っている会社。借りる側からすると、業務ソフトを月単位などで使い、その分だけ料金を払うしくみ。

 普通のパソコンソフトは、必要なものを必要な数だけ買う必要がある。そして自分でインストールして、バージョンアップや不具合があったら自分で対処する。また、インストールしてみたものの、ほとんど使わないといった場合も返品できない。

 企業がコンピュータ・ネットワーク(LAN)を組んで、その上で業務ソフトやグループウェアなどを使うときも基本的には同じだ。必要なコンピュータと一緒に必要なソフトウェアを購入し、自社で管理・運営していく必要がある。

 しかし、こうした状況は、システム部門のある大企業ならともかく、コストを抑えたい中小企業にはキビシイものがある。そんなとき、ASPが役に立つとされてきた。ASPサービスを提供する事業者のコンピュータ(サーバー)に最新ソフトが用意されていて、そのソフトを必要とする企業がインターネットなどを通じて必要な期間だけ借りることができる。

 自社でサーバーを管理したり、最新版のソフトに入れ替えたりする必要がないので、専任のシステム管理者を置けない企業でも、いつも最新ソフトを使うことができる。また、一時的に必要だけど高くて手が出ないような専門的なソフトも、必要なときだけ借りて使うことが可能になる。

 なお現在は、ASP とほぼ同様のサービスを SaaS(サース)と呼ぶことが多くなっている。これは、Software as a Service(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)の略で、意訳すると「ソフトウェアをサービスとして提供する、使用する」といった意味。

 また最近は、インターネット広告の仲介サービス、アフィリエイト・サービス・プロバイダーを略して ASP ということもある。これは、別のページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top