用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ARA】

  • RAS
  • ラス

 まず RAS は、Remote Access Service の略で、ウィンドウズ用ソフトのひとつ。一般に「ラス」と呼ぶことが多い。

 ARA は、RAS と同様の機能を提供するマッキントッシュ用ソフトで、Apple Remote Access の略。

 これらのソフトを使うと、外出先からノートパソコンを使って、あるいは自宅のパソコンを使って、会社のネットワーク(LAN)に接続できる。そして、電子メールを送受信したり、資料ファイルを取り出すといったことができる。

 途中にプロバイダーなどを通すのではなく、手元のパソコンと会社のコンピュータが電話回線を通じて直接つながる。こうした利用法を、リモートアクセスという。

 RASには、サーバー用ソフトとクライアント用ソフトがある。そして、サーバー用を会社のコンピュータに、クライアント用を外出先で使うノートパソコンや自宅のパソコンに組み込んで使う。サーバーの設定には、ネットワーク知識が必要なのでネットワーク管理者にやってもらうことになると思う。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top