用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【AFA】

  • オールフラッシュ
  • オールフラッシュアレイ
  • オールフラッシュストレージ
  • フルフラッシュ

 複数の SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を連結した、大規模な記憶装置を一般にオールフラッシュという。SSD は、フラッシュメモリーを使った HDD(ハードディスクドライブ))代わりの装置。

 より正確にはオールフラッシュアレイ(All Flash Array)またはオールフラッシュストレージ(All Flash Storage)ということが多く、AFA と略すこともある。また、フルフラッシュ(フルフラッシュアレイ/フルフラッシュストレージ)ということもある。

 アレイ(Array)を辞書で引くと、「整列させた」といった意味が出てくる。IT 業界では、複数の HDD を整然と並べて連結させた大規模な記憶装置をアレイと呼んできた。

 HDD は大容量化が進んだものの、アクセススピードなどは CPU など他の装置に比べて進化が少ない。つまり、相対的にデータの読み書きが遅くなってきた。また、物理的にディスクを回転させてヘッドでデータを読み書きするので故障のリスクもある。

 そのため、次の記憶装置として SSD が少しずつ普及してきた。これは、電気の供給が止まってもデータが消えない NAND型のフラッシュメモリーを使って HDD の代わりにソフトウェアやデータを記録できるようにしたもので、一部のノートパソコンでも使われている。

 SSD は、HDD に比べて読み書きが速く、消費電力が少ないといったメリットがある。しかし HDD に比べると、記憶容量あたりの単価が高い。また以前は、大量に供給するのが難しい状況もあった。

 しかし、だんだん低コストの SSD が増えて、実用性が高まり、SSD によるアレイ(ストレージ)が実用化してきた。一部の装置は、自動的に重複データを整理したり、データ保存時に圧縮する機能を搭載することで、実質的な容量を HDD のアレイに近づけている。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top