用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【AD】

  • Active Directory
  • アクティブ・ディレクトリ

 アクティブ・ディレクトリ(Active Directory)を略して、AD と書くことがある。この場合のディレクトリ(directory)は本来、「住所録」といった意味。

 主にウィンドウズを使ったコンピュータ・ネットワークでは、ひとまとまりのネットワークをドメインとして管理している。そしてあるユーザーが、そのドメインにアクセスしていいか、そのドメイン内のどのファイルやフォルダを開いていいかといったことを、ドメインコントローラという仕組みで管理している。

 しかしドメインコントローラは、基本的にひとつのドメインしか管理できない。その結果、サーバーの数が増えたり、ネットワークが複雑化してくると管理の手間が増えたり、ユーザーの増加に対応しきれない状況が出てきた。

 そこで、ウィンドウズ2000サーバー以降のサーバー用ウィンドウズでは、アクティブ・ディレクトリという方式が採用されている。

 アクティブ・ディレクトリを使うと、ツリー構造によって複数のドメインを一括管理できる。簡単にいえば、ひとつのドメインの下にサブドメインを置いて、一度のログインでどのドメインにもアクセス可能といった運用を行うことができる。

 また、単にユーザーID とパスワードでアクセス権があるか否か管理するだけでなく、そのユーザーの所属部署、電話番号、住所といった情報も管理できる。そして、こうした情報によって、そのユーザーがどの情報にアクセス可能かといったことを管理できる。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top