用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【AACS】

 次世代DVD といわれてきた、ブルーレイ・ディスクや HD DVD に採用されている著作権保護技術のひとつ。Advanced Access Content System の略。

 かつて、VHS などのビデオテープに映画やテレビ番組を録画していたときは、ダビング(コピー)するたびに画質が悪くなった。しかし今は、ハードディスクやDVD などにデジタル方式で記録するため、コピーしても画質が落ちない。デジタル放送された番組も、デジタル方式で記録すれば高画質を維持できる。

 著作権法で、個人が自分のバックアップのためにコピーする権利は認められている。しかし、友達にコピーしてあげたり、人を集めて上映したり、ましてやコピーしたものを販売したら著作権法違反で犯罪になる。しかも、デジタル方式でコピーすると何回コピーしても画質が落ちない。元データのクオリティが維持される。

 これは、コンテンツ(映像や音楽など)の権利を持っている人や企業にとっては大変な問題だ。映画を記録した DVD をコピーされて、勝手に販売されたら大きな損害をこうむる。デジタル放送されたテレビ番組を DVD に焼いて販売されても同様だ。

 そのため、一般の人が許された範囲を超えてコピーできないように、さまざまな著作権保護技術(コンテンツ保護技術)が開発されて、採用されてきた。既存の DVD やデジタル放送でも、CPRM などの著作権保護技術が使われている。

 しかし現実には、既存の DVD をコピーすることは可能だ。フリーソフトでパソコンのハードディスクに映像や音声を取り込むことができる。それを DVD-R などに焼いて完全な複製を作るだけでなく、必要な部分だけ選んでオリジナルDVD にすることも可能。

 そこで、さらに強力な著作権保護技術として開発されたのが AACS だ。単に、ひとつの技術を指すのではなく、コンテンツを暗号化したり元に戻すための仕組み、あるいはこの技術を策定した団体を AACS と呼ぶこともある。

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top