HOME > 用語解説辞典 > Aの一覧 > A3ノビ

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【A3ノビ】

 A3 は、紙の大きさを表す単位で、その寸法は297mm×420mm。そして、A3より一回り大きなサイズを一般に A3ノビと呼んでいる。

 現在、一般的なインクジェットプリンタで印刷できるのは、たいてい A4 まで。A4 は、普通の文書やレポートに広く使われているサイズで210mm×297mm。ちょうど A3 を半分にした大きさだ。レーザープリンタの場合は、A4対応機と A3対応機が多く、それぞれ印刷できる最大の紙の大きさを表している。

 しかし、紙の隅まで印刷することができないプリンタも多い。紙の周囲に、数ミリくらい印刷できない範囲がある。

 一方、印刷物(雑誌などの出版物、パンフレットなど広告物)を作る場合、最終的な仕上がり寸法の外側に「トンボ」と呼ばれる罫線をつける。トンボは、カラー印刷するときの「合わせ」や、印刷後に紙を規定の寸法に裁断するための目印になる。

 そのため印刷関連の業界では、A4のデザインは B4の紙に、B4のデザインは A3の紙にトンボ付きで印刷することが多い。ところが、A3のデザインは A3サイズの紙にトンボ付きで印刷できない。しかも A4版のパンフレット類は、A3サイズで印刷して二つ折りにすることが多い、つまり需要が多い。

 そのため一部のプリンタは、A3にトンボのスペースを加えた、A3ノビというサイズの紙に対応している。もちろん、A3ノビサイズの専用紙も用意されている。

関連サービス
  • Biz-agora
  • WebARENA
  • Master'sONE
  • InfoSphere

Aの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

このページのトップに戻る

 

別ウィンドウで開きます ・・・リンク先の外部サイトを別ウィンドウで開きます。

ページの先頭へ