用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【5.1チャンネル】

  • 5.1ch
  • サラウンド

 5.1ch(チャンネル)は、ドルビーデジタル5.1chとか5.1chサラウンドスピーカーといった形で使われることが多い。ドルビーデジタルは、映画やDVDビデオでお馴染みの良い音を再生する技術。

 サラウンド(surround)は「取り囲む」といった意味で、サラウンドスピーカーは複数のスピーカーを使って自分の周りを取り囲むように音を再生できるシステムのこと。

 では、5.1chとは具体的にどんなものか。まず、前に2つのスピーカーを置いて左右別々の音を出す仕組みをステレオという。前後に2つずつ、計4つのスピーカーを置いたものは4ch(フォーチャンネル)という。

 5.1chの場合は、4chに加えて前方中央にもスピーカーを置く。このスピーカーは、たとえば映画を見るとき、主に役者の声を出して台詞を聞き取りやすくしたりする。これで5ch。

 5.1chの場合は、これに重低音を足すためのウーファーというスピーカーが加わる。結果、スピーカーの数は6個だけど、重低音用のウーファーはすべての音域をカバーするわけではないので、0.1と数えて計5.1chとされている。

 最近は、DVDビデオを見られるパソコンが増えている。そのため、パソコン用の5.1chスピーカーシステムも売られている。この場合、普通はスピーカーに加えて専用アンプもセットになっている。

 また、大型テレビと5.1チャンネル対応のオーディオ機器を組み合わせて、ホームシアターにするケースも増えている。

5の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top