用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【4サイクル方式】

  • タンデム方式

 カラーページプリンタの印刷方式を表す言葉。

 カラーページプリンタは、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の4色のトナーを使ってカラー印刷する。つまり、1枚の紙に4回分の印刷を行っている。

 従来の4サイクル方式では、ドラムと呼ばれる転写装置の位置を入れ替えて4回印刷していた。これを、4サイクル方式という。そして、この方式だと単純に考えて1色の印刷の4倍の時間がかかる。

 最近は、中間に転写ドラムというものを置いて、そこに4色を転写してから紙に印刷する。しかし、4回分の時間がかかることに変わりはない。

 タンデム方式は、CMYKの各ドラムを1列に並べておいて、その下を一気に紙を通過させる。そのため、ほぼ1色分の時間で印刷できる。この方式だと、色ズレなどが起きやすいという問題があったけど、今はかなり改善されて一般的な利用なら問題ないレベルになっている。

 カラーページプリンタでモノクロ印刷する場合は、どちらの方式でも黒一色で印刷するため時間的な差はほとんどない。というか、この場合の時間差は、そのプリンタの基本的な印刷性能の差になる。

4の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top