用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【3Gケータイ】

  • 第3世代携帯電話

 現在、普及しつつある携帯電話の方式。第3世代(3rd Generation)の携帯電話を略して3Gケータイと呼ぶこともある。

 携帯電話は、第2世代からデジタル携帯電話になった。しかし、第2世代携帯電話は音質が悪くデータ通信速度も遅いという弱点があった。また、日本と海外では通信方式が違うため、普段使っている電話機を海外で使えないという問題もある。

 第3世代携帯電話は、IMT-2000という世界標準の方式が採用され、高音質、高速化が図られている。ただし IMT-2000は、完全に規格統一することができず、複数の方式が採択されている。

 日本では、2001年5月にNTTドコモが世界に先駆けてW-CDMAという方式の第3世代携帯電話・FOMAの試験サービスを始めた。2001年10月には、本サービスに移行している。

 W-CDMA は、日本のほかヨーロッパでも採用されている。このほかの通信方法としては、cdma2000 を採用している携帯電話会社や国もある。

3の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top