用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【3DES】

  • DES
  • トリプルDES

 アメリカ政府の標準方式として採用されてきた暗号化方式のひとつ。つまりデータを、一見、意味不明の状態に変換して、その内容が漏れるのを防ごうというもの。DES は、Data Encryption Standard の略。

 DES は元々、1960年代後半に IBM によって開発された技術。それが、1977年にアメリカ標準局(現:アメリカ国立標準技術研究所=NIST)によって国家標準方式に採用された。

 しかし古い技術のため、現在のコンピュータ技術に対しては安全性が十分でない。そのため今は、同じ方法で3回、暗号化を繰り返すトリプルDES が普及している。これを、3DES と表記することもある。

 情報を暗号化するときは、元のデータに鍵と呼ばれるデータをかけ合わせたり様々なルールで文字をズラしたりする。そして、この逆の作業を行って元の状態に戻すことを複合化という。

 3DES の場合、最初の鍵でデータを暗号化して、2番目の鍵で複合化、そして3番目の鍵で再び暗号化することで従来の DES より強固な暗号を実現している。

 なお、2番目の鍵で複合化するといっても、3DES では別の鍵を使うので元の状態に戻るわけではなく、より解読しにくい状態になる。また、2種類の鍵で実行するときは、3回目も最初の鍵を使う。

 さらに最近は、DES とは別の新しい方式として AES という暗号方法が策定されている。

3の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top