用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【35mmカメラ換算】

 これは、パソコン用語ではなくカメラ用語。しかし、デジタルカメラではほぼ必ず登場する言葉だ。

 まず 35mm は、幅が 35ミリのフィルムという意味。最も普及していた写真用フィルムがこのサイズだった。35mmカメラは、このサイズのフィルムを使うカメラ。つまり、一般的に使われていた一眼レフカメラ、コンパクトカメラ、さらにレンズ付きフィルムも 35mmカメラの仲間になる。

 ちなみに、35mm以外のフィルムを使うカメラとしては、一回り小さいフィルムを使うAPSカメラ、幅が6cmのフィルムを使う中判(ブローニー判)カメラ、もっと大きなシート状のフィルムを使う大判カメラなどがある。

 さて、写真を撮るとき、どのくらいの範囲が写るか、あるいは遠くのものをどのくらい大きく写せるかというのは大事なポイントだ。これを決めるのがレンズの焦点距離というもの。別のページで説明しているので、できれば先に意味を確認してほしい。

 で、ある程度、カメラの知識があると、24mmのレンズといえば「広角だな」とか、200mmといえば「望遠だな」と分かる。この場合のミリ(mm)は、フィルムの幅ではなく焦点距離を表している。

 ところが、フィルムの大きさが変わると、同じ焦点距離でも写る範囲(画角)が変わってしまう。たとえば、セミ判(645=1コマが6×4.5cm)と呼ばれるカメラの80mmレンズは、普通のカメラ(35mmカメラ、1コマは24×36mm)の50mmレンズに相当する。

 もっと大判のカメラになると、この差がもっと大きくなる。そして、そうなるとカメラに詳しい人でも、レンズの焦点距離から実際に写る範囲を想像するのが難しくなる。そこで、「このレンズの焦点距離は、35mmカメラに換算すると何ミリに相当します」という数字を併記することが多い。

 以上、フィルムカメラの話が続いたけど、デジタルカメラの場合も同じだ。ただしデジタルカメラの場合、画像を写し取る CCD や CMOSセンサーが35mmフィルムの1コマより小さい。そのため、実際の焦点距離より35mmカメラ換算の数字が大きくなる。たとえば、あるデジタルカメラの場合、実際の焦点距離が 5~15mm で、これを 35mmカメラに換算すると 38~114mm 相当になる。

 デジタルカメラの CCD や COMSセンサーは機種によって大きさが違う。そのため、一定の換算式はない。ただし、レンズ交換が可能なデジタル一眼レフカメラの場合は、機種ごとにレンズ本来の焦点距離の 1.6倍とか 1.5倍といった計算ができることが多い。

3の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top