用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【2in1】

  • ツーインワン

 2in1(ツーインワン)は、携帯型のパソコンに対して使われる場合と、NTTドコモの携帯電話機(端末)に対して使われる場合で意味が異なる。なお、2-in-1 などと表記されることもある。

 まず、携帯型パソコンの場合。タブレット端末に対抗して、またウィンドウズ8 以降の普及に伴って、パソコンの画面をタッチして操作できる機種が増えてきた。

 そのため、本体を反転させてキーボードを隠し、画面だけ見える状態でタブレット端末のように使えるノートパソコンが登場してきた。あるいは、キーボード側と液晶画面を切り離して、液晶画面側だけで使える機種もある。このように、従来どおりキーボード付きノートパソコンとしても使えて、タブレット型でも使えるパソコンを一般に 2in1 と呼んでいる。

 NTTドコモの場合は、ひとつの携帯電話端末に 2つの電話番号を登録して、状況に応じて使い分けられる機能(サービス)を 2in1 といっている。この場合、メールアドレスも 2つになる。

 それぞれの番号とメールアドレスを Aモード、Bモードと呼んで、たとえば Aモードを仕事用に使って Bモードをプライベート用に使う。あるいは、普段は Aモードを使って、インターネット通販や懸賞の応募などに Bモードの番号を使うといった使い分けができる。

2の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top