用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【2in1パソコン】

  • 2in1デバイス

 1台で、ノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える機器。2in1デバイスでも、2in1パソコンでも、ほぼ同じ意味と思っていい。

 パソコンの世界では、ウィンドウズ8から操作体系が大きく変わった。ウィンドウズ7まではマウスとキーボードを前提とした画面および操作体系だった。しかし8では、スマートフォンやタブレット端末の台頭を受けてタッチ式の操作体系と、それに対応した画面になった。

 そして、このころから、ノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える2in1パソコン(2in1デバイス)が登場してきた。

 具体的には、まずキーボードを脱着できるタイプがある。本体にあたる部分から液晶画面を取り外して、この液晶画面だけでタブレット端末として使える。このようなタイプを、セパレート型ということがある。

 あるいは、マイクロソフトのサーフェスプロのようにタブレット型が基本形で、そこに簡易キーボードを付けるタイプもある。

 もうひとつ、ノートパソコンの本体にあたる部分を画面の裏側まで回転させたり、スライドさせて画面に重ねることでタブレット端末のような形状になるタイプがある。こちらは、コンバーチブル型ということがある。

 ウィンドウズ10では、画面表示および操作体系をタブレットモードとデスクトップモード(ラップトップモードということもある)に切り替えることができるようになった。キーボードの脱着に感応させて、自動的にモードを切り替えることも可能。

2の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top