用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【2HD】

  • 2DD

 どちらも、フロッピーディスクの種類を表す言葉。

 ひとくちにフロッピーディスクといっても、いろいろな種類がある。そして、そのひとつとして2DDと2HDの違いがある。

 2DDは、かつてワープロ専用機でよく使われていたタイプ。最大で720KBのデータを保存できる。2HDは、パソコンで標準的に使われてきたタイプ。最大で1,44MB(1440KB)のデータを保存できる。つまり2HDの容量は、2DDの2倍になる。今のパソコンは、どちらでも使えるので普通は2HDを使う。

 2DDタイプも2HDタイプも、見た目はほとんど同じ。ただし、ラベル面を表にして右側に四角い穴があれば2HD、なければ2DDだ。ちなみに左側の穴はライトプロテクトを設定するためのもの。

 市販のフロッピーディスクには、このほかDOS/V用、PC-98用、Macintosh用といった分類もある。これについては、フロッピーディスクのページを参照してほしい。

 なお、2DDは 2 Double Density の略で、中に入っている円盤の「両面に倍密度で記録できる」といった意味。2HDは 2 High Density の略で「両面に高密度で記録できる」といった意味。

2の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top