用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【2進法】

 0と1だけで数を表す方法。よく「コンピュータのデータは、0と1でできている」といわれる。これは「基本は2進法」という意味だ。

 いつも使っている数字は、0から9まで10種類あって、9の次は1桁あがって10になる。で、これを10進法という。2進法は、0と1の2種類の数字を使って、1の次は一桁あがる。つまり、

  10進法   2進法
   0  =  0
   1  =  1
   2  =  10
   3  =  11
   4  =  100
   5  =  101
   6  =  110
   7  =  111
   8  =  1000
   9  =  1001

 となる。数学で習った覚えがあると思う。

 なぜ、コンピュータが2進法を使っているかというと、ふたつの状態を表すのが簡単だから。指を立てている折っている、電球が点いている消えている、電気が通っている切れている、電圧が高い低い、磁気のSとN、穴が長い短い、といった具合にいろいろな方法で1と0の状態を表すことができる。

 たとえば電球を4つ並べて、消点消点=0101とすれば、10進法の5を表すことができる。

 で、コンピュータは主に電圧の高い低いでデータを送り、ハードディスクは磁気のSとNで、CDは穴の長短でデータを記録している。ちなみに、デジタルの語源は、指を立てているか折っているか。

 コンピュータの世界では、0か1かの1桁を1ビットと呼んで、実際には0と1を、8個、16個、32個といった具合に都合のいい長さにまとめて使っている。そして、8ビット(8桁)で1バイトという単位にしている。

 さらに詳しい話は、ビット、バイト、にごろのページで。また、実際にプログラムを作ったりするとき、2進法のままだと0と1の羅列が長くなって読みにくいし間違いやすい。そのため普通は、16進法に置き換えて作業している。

2の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top