用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【16進法】

 16個の英数字を使って数を表す方法。

 以下の説明は、コンピュータ(ソフトウェア)の基本のひとつ。とはいえ、普通にパソコンを使う分には知らなくても支障はない。

 よく「コンピュータのデータは、0と1でできている」といわれる。これは「基本は2進法」ということだ。しかし2進法だと、実際にプログラムを作ったりするとき、0と1の羅列が長くなって読みにくいし間違いやすい。そのため普通は、2進法を16進法に置き換えて作業している。

 いつも使っている数字は、0から9まで10種類あって、9の次は1桁あがって10になる。これを10進法という。16進法は、0から9の数字に加えてAからFのアルファベットを使う。つまり、10進法の10が16進法のAに、11がBに、12がCに、13がDに、14がEに、15がFになる。そして10進法の16は、16進法では10(イチゼロ)だ。

 たとえば16進法で「E8」と書いてある場合、16×14+8という意味で10進法では232になる。特に気をつけたいのは、16進法で「76」といった場合。これは16×7+6なので10進法では118になる。

 16進法で「5D3A」の場合は、4096(16の3乗)×5+256(16の2乗)×13+16×3+10で10進法では23866になる。桁があがるとき、16の累乗になる点に気をつけよう。

 では何で、こんな方法を使うのか。たとえば、2進法で「1110 1000」となっている場合、前の4桁は16進法の「E」に、後の4桁は16進法の「8」に置き換えられる。同様に2進法の「0101 1101 0011 1010」は4桁ずつ16進法の「5D3A」に置き換えられる。とてもスムーズだ。これを10進法に換算しようとすると、かなり面倒なことになる。

 また、縦横16個の升目を思い浮かべてほしい。縦にも横にも、16進法で0からFを割り振る。升目の数は256。これは、1バイト(8ビット)の情報量と一致する。そして文字コードも、この升目に半角英数字を当てはめたものが基本になっている。

1の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top