用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【1000BASE-T】

  • Gigabit Ethernet
  • ギガビット・イーサネット

 イーサネットに対応したケーブルやコネクターに関する規格。イーサネットは現在、LAN(コンピュータ・ネットワーク)を組むために広く使われている規格。

 LANを組むときは、各パソコンや機器を専用ケーブルでつなぐのが一般的。従来は、10BASE-Tという方式が多く使われていた。10BASE-Tは、電話線を少し太くしたようなツイストペアケーブルと、ハブと呼ばれる集線機器を使う。そのため簡単に、パソコンの追加や組み替えができる。

 しかし、10BASE-Tの通信速度は10Mbpsで、あまり速くない。そのため今は、10BASE-Tの10倍、つまり100Mbpsの通信速度に対応した100BASE-TXという規格が普及している。100BASE-TX対応の機器は10BASE-Tの機能を兼ねていて、相手が100BASE-TXに対応していなければ自動的に10BASE-Tの方式でデータを送る。

 そして、さらに高速な規格として登場したのが1000BASE-Tだ。これは、名前からも想像できるように1000Mbps=1Gbpsの通信速度に対応している。そして、これを Gigabit Ethernet(ギガビット・イーサネット)とも呼ぶ。

 1000BASE-Tの場合も、10BASE-Tや100BASE-TXに対応した機器と混ぜて使うことができる。そのため、サーバー周辺のトラフィックが多いところだけ1000BASE-Tで高速化するといったことが可能だ。

 なお今は、より高速な 10GbE も規格化されている。

1の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top