用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【1セグメント放送】

  • ワンセグ

 2006年4月1日に正式なサービスが始まった、携帯端末向けのデジタル放送。ワンセグに対応した携帯電話、ノートパソコン、カーナビ、ポータブルDVDプレーヤーなどでテレビ番組を視ることができる。

 放送の内容は、今のところ地上デジタル放送と同じ。将来的には、ワンセグ専用の番組も放送可能になる。

 なお、携帯電話の場合、上下2画面に分かれているのが標準で、上にテレビ画面が表示され、下に番組の関連情報やニュース、天気予報などの文字情報(データ放送)が表示される。

 ワンセグの放送とデータ放送の受信・視聴に料金はかからない。無料で視ることができる。駅で電車を待っているようなときはもちろん、電車や車で移動中も乱れの少ない鮮明な映像を楽しめる。

 文字情報からインターネットに接続して関連サイトへ飛ぶこともできる。そこで音楽データをダウンロードしたり、オンライン・ショッピングすることも可能だ。ただし、インターネットに接続するとデータ通信料が発生する。

 さて、ワンセグの名前の由来だけど、これは1セグメントを略したもの。地上デジタル放送は、1チャンネルあたりの周波数の帯域が13に分割されている。そして、その分割された領域をセグメントと呼ぶ。

 で、13セグメントのうち12セグメントは、家庭などの固定テレビに向けた放送に使われている。そして、残りの1セグメントを携帯端末向けの放送に使っている。そのため、1セグメントを略してワンセグというわけだ。

1の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top