用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【隔離ボックス】

  • 隔離フォルダ

 主に、迷惑メール対策に関連して使われる言葉。

 現在、個人用の電子メールアドレスにも仕事用の電子メールアドレスにも、日々大量の迷惑メール(スバムメール)が送られてくる。そのため、プロバイダー(ISP)、メールサーバー、電子メールソフトなどの各段階で迷惑メールを自動的に判別して振り分ける機能が提供されている。

 具体的には、事前に登録された電子メールアドレスやドメインから送られてきたメールを、自動的に迷惑メール専用のフォルダに入れる。あるいは、迷惑メールの特徴を持った電子メールを自動的に判別して迷惑メール専用のフォルダに入れる、といった対応が主流になっている。

 こうした迷惑メールを振り分ける専用のフォルダを隔離フォルダと呼ぶことがある。同じ意味で、隔離ボックスということもある。いずれにしても、迷惑メールを一般の電子メールと分けて隔離する場所といった意味だ。

 なお、個人が使う電子メールソフトでは、こうした場所を迷惑メールフォルダと呼ぶことが多い。これに対して、企業等で使う情報システムでは隔離フォルダや隔離ボックスというケースが多いように思われる。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top