用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【自動BCC】


 基本的には、送信するすべての電子メールを、あらかじめ指定した別のメールアドレスへ同時かつ自動的に送る機能。

 BCC は別のページで説明しているように、ブラインド・カーボン・コピーの略で、電子メールを送る際に本来の宛先とは別の人(メールアドレス)に同時に送る機能。CC(カーボン・コピー)と違って、本来の宛先の人は、別の人にも送信されることが分からない。

 この機能を利用して、たとえば自分の別のメールアドレスに送っておく、上司などへの報告を兼ねる、といったことができる。結果、送信したメールのバックアップにもなる。

 あるいは企業では、電子メールを送る際、特定のアドレスに BCC で送信することで、自動的に送信記録を残して行くことができる。これは、電子メールソフトの不具合や、仕事上でトラブルがあった場合の記録保全としても有効になる。

 しかし、メールを発信する際に BCC の入力を忘れると意味がない。そのため一部のメールシステムやメールソフトでは、あらかじめ指定した電子メールアドレスが自動的に BCC 欄に書き込まれるよう設定しておくことができる。こうした機能を一般に、自動BCC という。

 なお、電子メールを同時発信する際のトラブル防止策として以下のような機能を用意し、これを自動BCC と呼んでいるケースもある。

 たとえば、メールマガジン等で多数の人に同じ電子メールを同時発信するとき、全員の宛先を TO や CC の欄に記載すると、受信者に他者のメールアドレスが分かってしまう。現在、メールアドレスも個人情報保護の対象なので、これは問題になる。

 そこで、TO には自分のアドレス等を入れて、メルマガ受信者のアドレスを BCC欄に列記することが多い。この方法だと受信者は、他に誰に送られているか分からない。しかし、うっかりミスで CC欄に受信者全員のアドレスを入れて発信してしまうことがある。

 これを防止するために、たとえば TO や CC の欄に一定人数分以上のアドレスが記載されたら、それを自動的に BCC欄に移して BCC で発信するといった機能を用意しているメールサービスがある。そして、こうしたサービスでは、この機能を自動BCC と呼んでいる。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top