用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【直流電源装置】

 基本的には、文字どおり直流の電気を供給してくれる装置のこと。これに相対する機器として、交流電源装置や無停電電源装置(UPS)と呼ばれるものがある。

 UPS は、コンピュータなどの情報機器を守るために設置されていることが多い。情報機器は、突然の停電で電気の供給が止まるとデータを失ったりダメージを受けたりしやすい。

 しかし UPS が接続されていると、停電等で電気が止まっても UPS に内蔵しているバッテリーから一定時間、電気が供給される。そして、その間に安全に停止させることができる。

 UPS から供給される電源は通常、交流電源になっている。そのため、UPS は交流電源装置といえる。

 一方、情報機器や通信機器、防災システム、非常用照明、発電所や変電所の電源は直流の方が都合のいいことがある。たとえば直流の方が、電力変換効率が高かったり、信頼性が高かったり。そのため、交流電源装置ではなく直流電源装置を設置することがある。

 なお通常は、無停電電源装置と同様にバッテリーを内蔵していて、そこから直流の電流を供給する機能を持った装置を直流電源装置と呼ぶことが多い。しかし蓄電機能がなく、単に直流の電気を供給するだけの直流電源装置もある。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top