用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【標準SIMカード】

  • miniSIMカード
  • ミニSIMカード

 SIM(シム)カードは、携帯電話機やスマートフォンの中に入っている小型のICカードで、電話番号や電話帳などの情報が記録されている。miniSIMカード(ミニSIMカード)は、そのサイズを表す言葉。

 最初に規格されたサイズは、クレジットカードと同等の大きさだった。これは自動車電話などで利用するためだったといわれる。その後、携帯電話の普及に伴ってSIMカードが小型化され、幅25mm×高さ15mm×厚さ0.76mm のものが多く使われてきた。

 そして、このサイズのSIMカードをminiSIMカードと呼んでいる。また、一般的な携帯電話機で長く使われてきたので、このサイズを標準SIMカードということもある。

 これに対して、当初のクレジットカード大のものをフルサイズという。しかし、フルサイズのSIMカードは、現在は使われていない。一方、電話機やスマートフォンの小型化に伴って、さらに小さいmicroSIMカードやnanoSIMカードも規格化されて、すでに使われている。

 どのサイズのSIMカードでも、情報を記録するICチップの部分は同じ大きさだ。また、データの保存方式なども変わっていない。

 なお、電話機の機種変更などの際に、使用するSIMカードのサイズが変わることがある。そのため、サイズの違うSIMカードに有料で変更できることが多い。また、非公式ながら、小さなSIMカードをより大きなSIMカードのスロットに対応させるためのアダプターも存在する。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top