用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【格安SIM】

 大手携帯電話会社より割安な、スマートフォンのデータ通信や通話のサービスを一般に格安スマホという。しかし、こうしたサービスを提供している事業者(MVNO)は、実際には割安な通信サービスを利用できる SIMカードを提供している。そのため、より正確には格安SIM ということが多い。

 MVNO(仮想移動体通信事業者)は、自社で回線設備を構築するのではなく、大手携帯電話会社から設備の一部を借りて携帯電話事業を行っている。また、音声通話なしでデータ通信だけにしたり、利用できる通信量を制限したり、通信速度を低めに設定したりすることで大手より料金を安くしている。

 具体的には ISP(インターネット接続プロバイダー)や家電量販店などの流通大手、インターネット通販事業者などが MVNO として格安SIM の事業を行っている。

 SIMカードは、携帯電話機やスマートフォンの中に入っている小さな ICカードで、その中に電話番号やユーザーを特定する情報などが記録されている。そして、基本的には SIMカードを別の端末に挿入して、同じ契約内容で使うことができる。

 ただし、新しい端末を買って一定期間は他社の SIMカードを認識しないようにロックされていることが多い。また、SIMカードにはミニやナノといった種類があって、サイズが違うと挿入できない。

 MVNO が格安SIM とスマートフォンをセットで提供している場合は比較的簡単に格安スマホを利用できる。また条件が合えば、大手携帯電話会社の端末として使っていたスマートフォン(端末)や、自分で入手した中古スマホに MVNO が提供している格安SIM を挿入して格安スマホとして使うことも可能だ。ただし、その端末が他社の SIMカードを認識できることが要件になる。

 また、前述のように MVNO が提供する格安SIM サービスは、料金が安い分、月々利用できる通信量などさまざまな点で制約がある。格安SIM を利用する際は、自分の利用法や必要とする条件に合ったサービスを選ぶことが肝要だ。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top