用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【有人遠隔監視】

  • 有人監視

 有人監視は、情報システムやサーバーの稼働状態を、人間が24時間365日監視すること。また、そういったサービス。

 実際にシステムやサーバーが稼働している場所で監視する場合だけでなく、遠隔監視するケースも含まれる。なお、遠隔監視の場合は区別して、有人遠隔監視ということもある。

 現在、情報システムやインターネットサービス、それらを支えている通信サービスも含めて、24時間365日休むことなく稼働している。というより、短時間でも止まると大きな問題になることがある。

 そのため常に、稼働状態を監視するサービスが一般化している。そして、こうした監視サービスには、有人監視と無人監視がある。

 有人監視は、実際に人が監視しているので、トラブルが発生した際に担当者に知らせるだけでなく、問題個所の切り分けや再起動といった対応を行うことも可能だ。

 一方、無人監視の場合は、担当者に自動的に電子メールが送られたり電話がかかったりするのが一般的。そのため夜間などは、対応が遅れる可能性がある。

 こうしたことから、有人監視の方がサービスの質は高い。ただしその分、コストもかかる。

 なお今は、ブログや SNS に不適切な投稿がないか、炎上などのトラブルが発生していないか 24時間365日、人間が監視するサービスがある。有人監視というと、こちらを指すこともある。

ゆの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top