用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【動的VPN】

  • ダイナミックVPN

 VPN は、別のページで解説しているように、インターネットなどの公共的な通信回線を使って、事実上の専用回線のような通信サービスを提供する仕組み。

 実際には、データを送受信する拠点に専用の機器を置いて、データを送り出すときに暗号化する。そして、そのデータは受信拠点の特定の機器だけで受信と複合化ができる。

 VPN は、安い価格で安全にデータを送受信できるため普及が進んでいる。しかし、機器の設定や管理に手間がかかる。

 そこで、VPNサービス提供者のサーバーなどに機器設定に必要な情報を保存しておいて、利用者が各拠点で VPN機器を接続すると、そのまま自動的に必要な設定が行われるサービスが登場してきた。

 こうしたサービスや仕組みをダイナミックVPN という。ダイナミックを日本語にして、動的VPN と呼ぶこともある。

 ダイナミックVPN に対応したサービスを利用すると、専任の担当者がいない営業拠点でもスピーディーかつ低コストで VPN を使い始めることができる。

 なお以前は、サービス提供者や本社のサーバーを経由して拠点間通信を行う方式が多かった。しかし最近は、拠点間同士で直接通信できるフルメッシュ型VPN が普及しつつある。

 NTTPCコミュニケーションズは、InfoSphere のインターネット接続サービスを利用したダイナミックVPN を提供している。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top