用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【仮想ディレクトリ】

 ウェブサイト公開などのために作られた、仮想的なディレクトリ構造。

 ディレクトリとは、サーバーなどのコンピュータ(実際には、その中のハードディスクなど)の中につくられた階層のこと。ウィンドウズのフォルダに相当するもので、ディレクトリ(フォルダ)を作ることでファイルの保存場所を整理している。

 これ自体は、一般のパソコンユーザーも行っていると思う。また、ウェブサイトを公開するためのサーバーでも、同じようにディレクトリ構造でファイルやデータを保存管理している。さらに、ウェブサイトでも /(スラッシュ)で区切った階層構造で各ページを管理している。

 とはいえ、実際のサーバーとウェブサイトを同じディレクトリ構造にしておくことはできない。サーバーには、そのサーバーを動かすための OS(基本ソフト)などが入っている。一方、ウェブサイトには外からアクセスしてきた人に公開するデータを入れておく。

 そこで、ウェブサーバーの中にウェブサイトを公開するための別のディレクトリを構築する。これを一般に、仮想ディレクトリといって、特に最も上の階層を仮想ルートディレクトリ(ドキュメントルート)という。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top