用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワンビリング】

 ワンビリングを英語で書くと one billing で、ビリング(billing)には「請求書を作成する、発行する」といった意味がある。

 現在、一般家庭や個人でも、従来の固定電話、携帯電話、インターネット接続など複数の通信サービスを利用しているのが普通だ。家庭でも、IP電話を使っていたり、インターネット接続と通話サービスを統合しているケースもあるだろう。

 もちろん、こうした状況は企業でも同じで、回線や端末が多い分、さらに複雑なことになっている。

 そこで、さまざまな通信サービスの請求を取りまとめて、支払いや引き落としを 1回で済むようにするサービスが生まれてきた。これを一般に、ワンビリングと呼んでいる。実際には、同じ企業グループの請求だけを取りまとめるサービスと、事業者の枠を超えて取りまとめるサービスがある。

 なお、NTTレゾナントは、通信サービス料金の一括請求でなく、銀行や証券会社の口座残高、クレジットカードや公共料金の利用状況を一元管理する「gooワンビリング」というサービスを提供していた。ただし、このサービスは 2012年6月末で終了している。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top