用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワイヤード】

 ワイヤード(wired)は本来、「針金で補強された」あるいは「銅線などでつながっている」といった意味。IT の世界では一般に、通信回線や電話回線、ケーブルなどで物理的に接続されていること、あるいは接続された状態をワイヤードといっている。

 また、インターネットが一般企業や個人に普及し始めた 1990年代半ばからしばらくは、インターネットに接続していることや、インターネットに接続されている状態をワイヤードといっていた。

 現在は、無線LAN や携帯電話の電波を使ったインターネット接続が当たり前になっている。しかし当時は、専用の通信回線や固定電話の回線を通じて、つまり物理的な回線を通じてインターネットに接続するのが普通だった。

 また、今は家庭でも無線LAN が普及していて、プリンターなどの周辺機器も無線(ワイヤレス)で接続できる。スマートフォン等のモバイル端末も、NFC など電波でデータ送信できる規格が増えている。

 そのため、ワイヤードであるケース、つまり有線ケーブルで接続する機会が以前より少なくなっている。しかしその分、あえて「無線ではなく有線」ということを明示するためにワイヤードということもある。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top