用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワイヤレス】

 IT の世界でワイヤレスという言葉が出てきたら、「無線の」あるいは「無線で接続している」といった意味だと思っていい。つまり、主に電波を使ってデータ通信することを「ワイヤレス○○」ということが多い。

 ワイヤレスの反対はワイヤードで、IT の世界でワイヤードというと「有線で接続した」「ケーブルで接続した」といった意味になる。

 当初、コンピュータと周辺機器との接続やインターネットの接続など、ほとんどが有線、つまりワイヤードだった。しかし今は、家庭や公共スペースでも無線LAN を利用できるし、スマートフォンなどのモバイル端末によるインターネット接続が広く普及している。

 また、パソコンのキーボードやマウスも無線を使ったワイヤレスタイプが増えているし、パソコンやスマートフォン、周辺機器などの接続も、ブルートゥースや NFC といった無線方式が次々と登場している。

 つまり、ワイヤレスの利用が多くなっている。そのため、あえて有線で接続していることを明示してワイヤードというケースもある。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top