用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リモートワイプ】

 主に、スマートフォンの置き忘れ、紛失、盗難などの際に、内部のデータを遠隔操作で消去する機能。あるいは、そうしたサービス。スマートフォンのほか、多機能な携帯電話やタブレット端末、ノートパソコンなどでも同様の機能を使えることがある。

 もともと携帯電話機には、紛失や盗難の際に機能を停止させる遠隔ロックという機能が搭載されてきた。しかしスマートフォンの普及に伴って、勝手に電話をかけられる、電話帳を見られるといったレベルでなく、端末内のデータを盗まれるというリスクが大きくなってきた。

 特に、スマートフォンを仕事に使っている場合、取引先の個人情報だけでなく、表計算ソフトで作った業務データや PDF化した資料などが保存されているケースが多い。また、スケジュールや ToDoリストを参照されただけで業務内容が漏えいする可能性もある。

 そのため、従来の遠隔ロック機能から一歩進んで、遠隔操作で端末内のデータを消去したり、メモリーを初期化したりできるサービスが広がってきた。これを、リモートワイプという。ワイプ(wipe)は本来、「拭き取る」という意味だけど、記憶などを「消す」という意味もある。

 なお、リモートワイプの操作方法や具体的な機能は、機種やサービス提供会社によって異なる。リモートワイプを実行するときは専用サーバーからデータ消去の命令を送るのが一般的で、遠隔ロックより複雑な操作になるケースが多い。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top