用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リモートロック】

  • 遠隔ロック

 紛失や盗難などで持ち主の手元を離れてしまった携帯電話機やスマートフォンなどを、携帯電話の通信回線を通じて利用できなくする機能やサービス。遠隔ロックでもリモートロックでも同じ意味。

 以前の携帯電話だと、第三者に悪用されたとしても無断で通話に使われる程度だった。もちろん、これも良くないものの、その電話機からの発信を止めれば被害を抑えることができた。

 しかし、今の多機能電話機やスマートフォンは、勝手に有料サービスを利用されたり、有料アプリや有料コンテンツを購入されたり、ネットショッピングに利用されたりして、被害が大きくなる要素がたくさんある。

 さらに、端末の中に保存されているデータ(情報)を見られたり、それを悪用される可能性もある。

 そのため、遠隔操作で電話機やスマートフォンを利用できなくする(ロックする)機能やサービスが普及してきた。これを、遠隔ロックあるいはリモートロックという。

 ただし、完全に電源を切ってしまうと、本来の持ち主が自分の端末に電話をかけて、拾った人が電話に出るといった解決法を利用できない。そのため、着信機能だけ有効にするといった設定も可能だ。

 また遠隔操作で、端末内の情報を削除したり、メモリーを初期化するといったこともできる。この機能は、リモートワイプと呼ばれている。そして、こうした機能を総称して、モバイルデバイス管理(MDM)とかスマートデバイス管理ということがある。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top