用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リファクタ】

 リファクタは、レガシーマイグレーションとかITモダナイゼーションと呼ばれる作業の手法のひとつで、古い情報システムのプログラムを見直して、不要なプログラムを削除したり新しいプログラムに書き直したりすること。

 企業の情報システムの中には、何十年も使い続けられているものがある。今も、そうした古いシステムが残っているケースが少なくない。こうしたシステムは、さまざまな制約があるので新しいシステムに移行するのが望ましいと思っても、データの蓄積、業務手順の問題、コストなどを考えると一気に刷新するのは難しい。

 そこで、仕事の内容や手順などはそのままに、ハードウェアやソフトウェアなどを部分的に、あるいは順次、現在主流のものに置き換えて行く方法が取り入れられるようになってきた。リファクタは、こうした手法のひとつ。

 情報システムの中では普通、目的に応じて複数のプログラムが稼働している。そして古いプログラムの中には、すでに役割を終えているものや機能的に重複しているもの、より新しいソフトウェアを使った方が効率がいいものなどがある。

 そこで、まず不要なプログラムを削除してシステムの負担や保守のコストを減らすことがリファクタになる。さらに、より効率的な新しいプログラムに置き換えたり、新しいプログラムを開発したりすることもリファクタとされていることが多い。ここらあたり、サービスを提供している企業によって定義が異なる。

 リファクタ以外のレガシーマイグレーションやITモダナイゼーションの手法としては、ホストコンピュータを新しいコンピュータに移行するリホスト、プログラムを現在主流の言語で書き直すリライト、新たなインターフェースを作って使い勝手をよくするラッピングなどがある。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top