用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リアーキテクチャ】

  • リビルド

 IT業界でいうリビルド(Rebuild)は、ホストコンピュータなどで稼働している古い情報システムの作業内容を変えないで新しいコンピュータシステムに移行すること。ほぼ同じ意味で、リアーキテクチャということもある。また、日本語で単に「再構築」ということもある。

 企業の情報システムの中には、何十年も使い続けられているものがある。今も、そうした古いシステムが残っているケースが少なくない。こうしたシステムは、さまざまな制約があるので新しいシステムに移行するのが望ましいと思っても、データの蓄積、業務手順の問題、コストなどを考えると一気に刷新するのは難しい。

 そこで、仕事の内容や手順などはそのままに、ハードウェアやソフトウェアなどを部分的に、あるいは順次、現在主流のものに置き換えて行く方法が取り入れられるようになってきた。これを、レガシーマイグレーションとか ITモダナイゼーションといって、さまざまな手法がある。

 リビルドも、そうした手法のひとつ。ただし、他の方法と違うのは、古い情報システムで行っている業務や扱う情報などは変えないものの、サーバーなどのハードウェア、プログラムやデータベースなどを大幅に刷新する。そのため、改善効果が大きい反面、手間やコストがかかる。

 それでもリビルドは、新たなシステムへのリプレースとは区別されて、レガシーマイグレーションや ITモダナイゼーションの一手法とされている。それは、新システムへの移行に伴う、業務プロセスの見直しや機能向上などを基本的に行わないから。

 リビルド以外のレガシーマイグレーションや ITモダナイゼーションの手法としては、ホストコンピュータを新しいコンピュータに移行するリホスト、プログラムを現在主流の言語で書き直すリライト、新たなインターフェースを作って使い勝手をよくするラッピングなどがある。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top