用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ラッピング】

  • リインタフェース

 IT業界でいうラッピング(Wrapping)は、古い情報システムに新しいユーザーインタフェース等を追加して使い勝手を良くすること。ほぼ同じ意味で、リインタフェースということもある。

 企業の情報システムの中には、何十年も使い続けられているものがある。今も、そうした古いシステムが残っているケースが少なくない。こうしたシステムは、さまざまな制約があるので新しいシステムに移行するのが望ましいと思っても、データの蓄積、業務手順の問題、コストなどを考えると一気に刷新するのは難しい。

 そこで、仕事の内容や手順などはそのままに、ハードウェアやソフトウェアなどを部分的に、あるいは順次、現在主流のものに置き換えて行く方法が取り入れられるようになってきた。これを、レガシーマイグレーションとか ITモダナイゼーションという。

 ラッピング(リインタフェース)も、こうした作業の一手法とされている。しかし他の方法と違って、情報システムそのものはほとんど変更しない。代わりに、現在主流となっているサーバーシステム等を通じて古い情報システムのデータを読み書きできるようにする。

 古い情報システムの画面は縦横の文字数が決まっていたり、CUI と呼ばれる文字を使った操作方式になっていてマウスを使えなかったり、社外からデータを参照できなかったり、そういった制限が多い。

 そこで、新たなインタフェースプログラムを作って、これを通訳のように使う。そして、たとえば一般的なパソコンに入っているブラウザーソフトでデータを読み書きできるようにする。さらに、インターネットを通じて社外からアクセスしたり、スマートフォンやタブレット端末でデータを見るといったことも可能になる。

 ラッピング(リインタフェース)以外のレガシーマイグレーションや ITモダナイゼーションの手法としては、ホストコンピュータを新しいコンピュータに移行するリホスト、プログラムを現在主流の言語で書き直すリライトなどがある。

らの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top