用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ユニバーサルアプリ】

 いわゆるアプリケーションソフト(アプリ)で、スマートフォンやタブレット端末、パソコンなどさまざまな端末に対応したもの。

 従来の、パソコンにインストールして使うアプリケーションソフトはデスクトップアプリとも呼ばれている。一方、スマートフォンやタブレット端末向けのアプリはストアアプリなどと呼ばれる。

 そして従来、これらのアプリは別々に開発されて互換性がなかった。また、スマートフォンとタブレット端末では、画面の大きさが異なる。

 こうした状況が改善されて、パソコンでもスマートフォンでもタブレット端末でも同一のアプリケーションソフトが使えるようになってきた。このようなアプリを、一般にユニバーサルアプリと呼んでいる。

 もちろん、それぞれの端末で画面サイズや使えるメモリー容量、CPUの性能などが異なる。そのため、機能と目的は同じでも、画面デザインなどは端末に応じて変化するのが普通だ。

ゆの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top