用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【モバイルコンテンツ管理】

  • MCM

 モバイルコンテンツ管理(Mobile Content Management)を略してMCMと表記する。モバイルは、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器のこと。コンテンツは、この場合、業務用の情報やデータを指す。

 モバイル機器の急速な普及に伴って、私物のスマートフォンやタブレット端末を仕事に使うケースが増えてきた。これをBYOD(Bring Your Own Device)という。以前は、業務用の機器は会社が支給して私物の利用を禁止することが多かった。しかし最近は、利便性やコスト削減の観点からBYODを認める企業が増えている。

 この場合、特に問題となるのが私物端末(機器)からの情報漏えいだ。この対策として、利用されている技術、方式、あるいは考え方のひとつとしてモバイルコンテンツ管理(MCM)がある。

 現在の主流は、クラウド型のオンラインストレージやファイル共有サービスに対応した方式。ユーザーが個人向けのストレージやファイル共有サービスに業務データを保存すると、手軽な反面、情報漏えいなどのリスクが高まる。

 そこで、アクセス権の管理を厳重にしたり、データ送受信の記録を残したり、データを暗号化するなど、セキュリティ対策を高めた業務用のストレージサービスが提供されている。こうしたサーバーを社内に設置する、あるいは社内サーバーの中にこうした領域をつくる方法もある。

 なお、BYOD対策として、機器全体を管理して紛失時には全体をロック(使用不能に)したりデータを遠隔消去するMDM(モバイルデバイス管理)という方法もある。この方法の場合、私用領域までロックや消去されてしまうという問題がある。

 そこで、業務用アプリの領域を私用領域と分けて管理するMAM(モバイルアプリケーション管理)という方法もある。

 なお、MCMでも私用領域からは業務情報(コンテンツ)をダウンロードしたり編集できなくするといった対応も可能。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top