用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【モノのインターネット】

  • IoT

 IoT は Internet of Things の略で、日本語では「モノのインターネット」と訳されている。

 従来、インターネットに接続される機器というと、パソコンやサーバー、ルーターといった情報機器が中心だった。今は携帯電話やスマートフォン、タブレット端末も普通にインターネットに接続できる。しかし、これらも情報機器と呼べるだけの機能を備えている。

 今後は、こうした情報機器以外のモノも、どんどんインターネットに接続されることが予想されている。

 たとえば家庭では、テレビや録画装置、オーディオ機器はもちろんのこと、冷蔵庫や洗濯機といった白物家電、エアコン、換気扇、シャッターなどもインターネットに接続されると考えられている。

 企業では、大小さまざまな機械・設備、それらに取り付けられている温度・湿度・光・音・動き・振動などの各種センサーがインターネットに接続されていく。このほか、クルマに搭載された各種センサー、自動販売機や気象観測用の機器なども接続されていく。

 その結果、大きく 2つのことができるようになる。まず、それぞれの機器(モノ)の状態を常に把握(モニタリング)できるようになる。その結果、異状が発生したとき遠隔地にいてもすぐに状況を確認できる。

 もうひとつは、それらの機器を遠隔操作できるようになる。たとえば出先でスマートフォンを操作して自宅の映像装置の録画設定を行う、エアコンのスイッチを入れるといったことが、より簡単にできるようになる。

 産業用の機械では、温度が上昇したら出力を抑えたり、遠隔地から停止や再起動の操作を行うことが容易になる。

 こうしたことは、ずいぶん前から予想されてきたし一部は実現している。しかし、それぞれ独立した技術だったり、実用性が伴わなかったりして、なかなか普及レベルに至らなかった。

 しかし最近は、多様な無線通信技術の普及や IPv6 の実用化、各機器(モノ)や操作側デバイス(スマートフォンなど)の発達に伴って、従来より幅広い用途に対応した、より現実的な考え方として IoT(モノのインターネット)が語られるようになってきている。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top