用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メール転送制限】

 今は、業務上の重要事項も電子メールで連絡することが少なくない。しかし、電子メールは簡単に転送や複製ができる。そのため、重要な内容を含む場合は、【社外秘】や【転送禁止】といった指定がかけられていることが多い。

 しかし、実際の対応は受信者に委ねられるので、単純なミスでうっかり転送してしまう、あるいは転送先を間違える、といった可能性を排除できない。そのため、一種の機能として、メール転送を制限(禁止)するしくみが提供されていることがある。これを一般に、メール転送制限という。

 具体的には、レンタルサーバーに付随して提供されるメール機能の中で、セキュリティ対策のひとつとしてメール転送を制限したり禁止する設定が可能になっていることがある。

 あるいは、情報システムの中にセキュリティ管理の専用サーバーを置いて、その機能のひとつとしてメール転送を制限できることがある。また、一部の電子メールソフトには、受信者が転送できないよう指定する機能が用意されている。

 ただし、これらの機能はどんなサーバーやソフトウェアでも利用できるとは限らない。送信者が転送制限をかけて送っても、受信者側の環境によっては制限が無効になることもある。

 社内メールなどで完全に転送制限をかけたい場合は、そうした機能に対応したメールサービスを選ぶ方がいいだろう。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top